コンテンツにスキップ

ノッカンドゥ12年

¥1,110

20歳未満の方への酒類の販売は固くお断りしております

配送
について

お支払い
について

送料
について

ノッカンドゥ12年

ノッカンドゥは1898年にジョン・トンプソンにより建設され、蒸留所と同じ名前を持つ村の中にあります。
ノッカンドゥの名前はゲール語の小さな黒い丘を意味する「ノック・アン・ドゥ」に由来します。

人里離れたスペイ川の曲がり角で、パゴダ型の屋根が周りの木々やその他の後から建てられた建物の合間から覗くさまは、とても幻想的で、そしてその蒸留所の中では、100年前から変わらぬ優れた職人技で、細心の注意を持って蒸留を行っています。

蒸留は一年を通じて常に行われていますが、昔からノッカンドゥ蒸留所では、毎年のその一年間の生産分をシーズンと呼び、それぞれのボトルには単一のシーズンのスピリッツだけが詰められています。このようなシングルモルトは他では殆ど行われず、ノッカンドゥの際立った個性となっています。

蒸留したてのスピリッツが熟成庫に運ばれてくると、カスクの端面にどのシーズンの蒸留なのかが明記されます。そしてボトリングの際には、ボトルのラベルと外箱にそのシーズン年がボトリングの年と併せて刻まれます。

最終的に出荷されるシングルモルトにピートの香りが付きすぎないよう、大麦の製麦におけるピートの使用量は細心の注意を持って管理され、シングルモルトの味をカスクの味が覆い隠してしまわないように、シェリーカスクの使用の割合も控えめとなっています。

スペイサイドの中でも特にデリケート、フルーティで繊細な味わいを持ち、スムーズではありますが、花のような香り、ナッツのような香り、そしてかすかなスモーキーさが何層にもなって複雑に絡み合います。

淡い琥珀色。
ほのかにクロフサスグリの香りを伴うフルーティ、フローラルな香り。
水を加えるとシリアルの香りや肉の香りが立ち、しばらくすると焦げた紙のような香りへと変化していく。
ライトなボディで、心地よい甘さが口の真ん中あたりに広がる。
そのあとほのかな酸味を伴うドライさが続く。
後味は比較的短く、クリーンで飲み易い。

(輸入元コメント)

年数:12

度数:43