コンテンツにスキップ

カリラ18年

¥2,000

20歳未満の方への酒類の販売は固くお断りしております

配送
について

お支払い
について

送料
について


CAOL ILA 18years

1846年、グラスゴーの蒸溜所の所有者であるヘクターヘンダーソンが創業。

ゲール語でアイラ海峡(サウンド・オブ・アイラ)

1863 Traders Bulloch Lade&Coが引き継ぎます。ブレンドウイスキーの市場は活況!
1879 20年以上にわたり、蒸留所が再建および拡張されました。 1920年 Bulloch Ladeは会社として清算され、JP O'Brien Ltdに売却され、JP O'Brien Ltdがコンソーシアムに販売しています– Caol Ila Distillery Co.Ltd。

1927年 Distillers Company Ltd.が所有。

1934年 蒸溜所再開
1941 閉鎖。人々の力と大麦に対する制限は、蒸留所が閉鎖しなければならないことを意味します。

1972 蒸留所が2つの蒸留器から6つの蒸留器に拡大するにつれて、生産量は増加。
1974年 ブレンデッドウイスキーの需要は、増大する需要を満たすために完全に再構築されたCaol Ilaの運命に再び影響を与え、Islayで最大のものになりました。




スモーキーで甘い香りが始まります。

スムーズな飲み口に、甘いが酸っぱいキャラクターを示します。長持ちする仕上がりは、遠くのくすぶっているビーチでの焚き火を呼び起こします。

オークは泥炭が「消化された」ようです。煙の強さは、鼻と口蓋で抑制されていますが、驚くべきことに、フィニッシュに戻っています。


スモーキーなたき火、その後石鹸水とウェットウール、遠くにくすぶっているビーチでたき火。ミネラルオイルのヒント、次にワックス。
口蓋
滑らかでマイルドな甘さは、良い酸味と海塩から始まります。
仕上げ
余韻が長く、焦げ目があり、少し酸味のある仕上げ

味:
簡単に言えば...スモーキーな香り、滑らかなボディ、甘酸っぱい味わい。
文章では...ビーチは鼻でかがり火で燃焼します。しっかりしたボディと滑らかな味わい、焦げたエッジのある長持ちするフィニッシュです。柑橘類は現在成長しています。すべてが砂糖漬けのオレンジになり、一部はアプリコットの釉薬と緑のバナナに変形しました。奥行きのある奥行き。口蓋も成熟度と明確な方向感覚を示し、酸味は滑らかで、泥炭は控えめですが温められています。

アップするとオレンジが苦いマーマレードに変わります。1990年代スタイルの輝くブルーのカクテルタイプの甘さです。フィニッシュでジンジャービスケットとグリスト。これは驚くべきことです。最高の状態でCaol Ilaは筋肉を曲げ、同時に笑顔を見せます。

 


カリラは、アイラ島のウィスキーの中でも、女性的なウィスキー。

ゲール語でアイラ海峡(サウンド・オブ・アイラ)を意味します。

アイラ等随一の生産量を誇るマンモス蒸溜所で

海岸沿いに立つ蒸溜所は綺麗に清掃され、ピカピカのポットスチルと、ガラス張りの窓から、西海岸が臨めます。

カリラ12年とくらべるとピート香が軽く柔らかな印象で貴婦人のような上品さを感じます。

スモーキーな焚き火の香りの後に、微量の潮と、フルーティな香り。

現在は年に1度での限定販売に切り替えられ、ディアジオから販売されています。


Region(地域)  Islay
Age(熟成年数) 18y
Cask type(樽) borbon
Strength(度数) 43%